スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
基本のマスターは全てに通じる道
勝つための基本----トレードマニュアル
実戦で身に付ける-----リアルタイムチャット
さらに上を目指す方に----実戦添削指導


オプション、デイトレードに挑戦♪ 
資金100万円前後で6ヶ月1000万円に挑戦、OPでも先物でも、株、FXでも、全てにトレンドハンターの手法でトレードができます。

12月の戦績+1,940,000円
 1月の戦績+6,750,000円
 2月の戦績+2,290,000円

2月中途で目標額を達成しました総合計+10,980,000円

STトレード結果

20日間合計+1,270,000円

スポンサーサイト
[2020/08/05 08:07] 日経225オプションでまったり投資 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
ブログ休止と移転のお知らせ
3年あまりの間ご利用頂いた,このブログもESの延長と大証処理スピードの向上など,幾多の考慮すべき点を鑑みて、あくまで初級者のための支援ブログとしてやって参りましたが、転換期を迎えたようです。
以前試みました、オプションのデイトレードを含めた、新しい展開を模索しブログも移転し新しく始めることにしました。

どちらが優位性があるとかではなく、最近の先物の値動きの悪さや,出来高の少なさ、処理スピードの向上による,板読みの難解さなどがあります。OPとして,特別な戦略を持ち込まず、デイトレとして買いのみでのトレードです。基本的な手法は、先物デイトレと変わりません。リスク限定でのトレードで大きなリターンも視野にいれながら,コツコツと日銭を稼いでいくと言った手法です。今年の初めから2ヶ月半ほど行いましたので,その延長として慣れた感じで始められそうです。ブログはライブドア-に移転しますが。このブログはこれからも閲覧出来る様に保存しておきますので,宜しくお願い致します。
今まで地道に応援して頂いた読者の皆様には,改めてお礼申し上げます。ありがとうございました@@

メールフォーム不具合の場合は,
thhanbei@gmail.comまで・・・

オプション先物デイトレードのブログはこちらです・・・・・・

http://op-sennint.doorblog.jp/


http://op-sennint.doorblog.jp/
[2011/07/20 12:14] 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
昨日の続き・・・・・・・・・
昨日の続きとなるが、ではトレードの初心者というか、これからトレードを始めようとする人に対するアドバイスをと言うことでいくつか取り上げてみました。
まず資金があろうと無かろうと、いきなり始めないということ、口座を開かないと言うくらいでよい。とにかくやってみて感じを掴みたい、と言う気持ちも強く、上がるか下がるか確率50%だろうと簡単に考えて、幾らくらいなら負けても平気だからと始めたくなる。そんな人が多いようです。
ひとたび相場の世界に足を踏み入れたなら、初心者もプロもないバトルロイヤルの世界で、いきなり殴り合いの修羅場でもある。否応なしにあなたの相場生活の第一歩は始まってしまう。町の書店で売っている相場の本を読みあさっても通用する世界ではない。冷静に相場に入っていけるまでに十分な準備をすべきですが,実際に相場で玉を持ってみて始めて分る事、実感として捉えることも重要です。しかし良い体験だけを選んで体験することはできません。まぁそんなに良い体験は出来ないでしょう。悪い体験は心に積み重なっていきます。つまり悪いことを先に学んでしまうと言うことです。人間は失敗や苦い経験を後に生かして成功を掴むものとしてポジティブに捉えていきますが、トレードに関しては,そう上手く運んでくれません。蓄積されたネガティブな体験は後のトレードの判断にもフラッシュバックしてきて判断を迷わせます。
事前にしっかりとした基本手法を学んで,どんな体験も客観的に収めるべき場所にしっかりとしまって行ければ問題はありません。
準備としてもトレンドのとらえ方を基本から頭にたたき込んでおかないと、実戦ではメンタルに振り回されて、場当たり的なトレードに成ってしまいます。それまでの思いは、何処かに飛んでしまいます。
仮に上がるも下がるも、2つにひとつとして考えて、勝率50%としても,トレンドがロングトレンドでは売りは負けてしまいます。ショートトレンドでは逆ですね。常に今のトレンドが,どういう方向かを確認しながら、またこれから先、幾らまでは転換しないだろう?伸びていくか、転換する可能性がどこまであるか?
を常に予想しながら,一番確率の高い範囲でエントリーとエグジットをしていかなんければいけません。金銭ベースで幾ら勝ったから負けたと言っても本来の意味はありません。実際に自分が想定したトレンドが,どう動いたのか?その結果が重要で,もしも間違えたなら,素直に修正が出来たか,固執してLCが遅れたか,ドデンしてLCから利益の出る方向にチェンジ出来たか?その内容が重要なステップに繋がっていきます。100円200円と毎日勝ったり負けたりを繰り返す人よりも、30円しか勝てなくても毎日勝ち続ける人が,この世界の勝者と成ります。
少しでも、何かお役に立てば応援クリックお願いします・・・

ツイッターはこちらです。最近結構書いています・・・・・

https://twitter.com/#!/deitoresennin


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

[2011/07/17 13:26] トレードの根っこ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
昨日の続きとなるが、ではトレードの初心者というか、これからトレードを始めようとする人に対するアドバイスをと言うことでいくつか取り上げてみました。
まず資金があろうと無かろうと、いきなり始めないということ、口座を開かないと言うくらいでよい。とにかくやってみて感じを掴みたい、と言う気持ちも強く、上がるか下がるか確率50%だろうと簡単に考えて、幾らくらいなら負けても平気だからと始めたくなる。そんな人が多いようです。
ひとたび相場の世界に足を踏み入れたなら、初心者もプロもないバトルロイヤルの世界で、いきなり殴り合いの修羅場でもある。否応なしにあなたの相場生活の第一歩は始まってしまう。町の書店で売っている相場の本を読みあさっても通用する世界ではない。冷静に相場に入っていけるまでに十分な準備をすべきですが,実際に相場で玉を持ってみて始めて分る事、実感として捉えることも重要です。しかし良い体験だけを選んで体験することはできません。まぁそんなに良い体験は出来ないでしょう。悪い体験は心に積み重なっていきます。つまり悪いことを先に学んでしまうと言うことです。人間は失敗や苦い経験を後に生かして成功を掴むものとしてポジティブに捉えていきますが、トレードに関しては,そう上手く運んでくれません。蓄積されたネガティブな体験は後のトレードの判断にもフラッシュバックしてきて判断を迷わせます。
事前にしっかりとした基本手法を学んで,どんな体験も客観的に収めるべき場所にしっかりとしまって行ければ問題はありません。
準備としてもトレンドのとらえ方を基本から頭にたたき込んでおかないと、実戦ではメンタルに振り回されて、場当たり的なトレードに成ってしまいます。それまでの思いは、何処かに飛んでしまいます。
仮に上がるも下がるも、2つにひとつとして考えて、勝率50%としても,トレンドがロングトレンドでは売りは負けてしまいます。ショートトレンドでは逆ですね。常に今のトレンドが,どういう方向かを確認しながら、またこれから先、幾らまでは転換しないだろう?伸びていくか、転換する可能性がどこまであるか?
を常に予想しながら,一番確率の高い範囲でエントリーとエグジットをしていかなんければいけません。金銭ベースで幾ら勝ったから負けたと言っても本来の意味はありません。実際に自分が想定したトレンドが,どう動いたのか?その結果が重要で,もしも間違えたなら,素直に修正が出来たか,固執してLCが遅れたか,ドデンしてLCから利益の出る方向にチェンジ出来たか?その内容が重要なステップに繋がっていきます。100円200円と毎日勝ったり負けたりを繰り返す人よりも、30円しか勝てなくても毎日勝ち続ける人が,この世界の勝者と成ります。
[2011/07/17 13:23] 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
良くある質問に答えて
良くあるケースですが、初心者の方のために。あるいは初心を忘れてしまった方の為に、こんな話を掲載しておきます。
最近仕事を辞めて,専業主婦になった女性の質問メールです。
「私は最近、長年勤めていた教育関係の仕事を辞めて子育てと専業主婦の生活に入りました。今までの収入もなくなったので、何かアルバイトと探してみても、子供も小さいので、なかなか合う仕事というのもなくて、友人や夫とも相談したところ、FX(為替取引)というものを勧められました。最近人気があって沢山の主婦の方もやっておられるとのこと・・・・
名前くらいは知ってはいましたが,中身はさっぱりの状態でした。こんな私でも出来るのでしょうか?初心者ですので、初めから1つ1つ勉強していくのは当然ですが、その他のとり引きとして、株式、商品、先物取引などがあるようですが、1番効率が良いというか,私程度の知識でも始められて、利益が多く期待できるものはなんでしょうか?もちろん資金も限られていて,損失も限定的なものはあるでしょうか?そして最後に1ヶ月20万円くらいで良いのですが、可能でしょうか。

こういった内容のメールは結構多いものです。配信サービスを提供しているブログでは,良いお客さんのようですが?
こちらからの質問として、仮にどの取引を始めるとしても、どうして自分が勝てると思うのですか?と聞いてみた。トレードには相手が居ます。普段は意識していないことでしょうが?あなたが買えば,当然その価格で売った人がいるはずです。あなたがこの価格は,まだ安い,もう少し上がるだろうと思って買う価格は,相手がもう上がらないだろうと思って売った価格です?
果してあなたが,その相手よりも上手なのか下手なのか?どうでしょうか?多くの取引は大口投資家が支配している世界です。あなたの相手は,あなたと同じ初心者ではないのです。
そして勝つための武器と成る情報を、どうして集めることが出来るでしょうか?
新聞やニュースですか?投資顧問の情報でしょうか?FXとなれば,どんな情報が必要でしょうか?国家の基本通貨の売買です。国策や事件事故、財政,気象や地政学的リスク、同盟多国間関係、GDP等。きりがありません。1社の株価を扱うものと比較しても膨大で複雑です。相対取引ですから2国間の比較と成ります。
レバレッジが高い,利息が入る。往来相場だから簡単などと安易に考えて居る方は
早々に退場と成るでしょう。情報に頼ってのトレードで成功はありません。
あるとしたらインサイダーの方でしょう・・・
誰よりも早く、誰も知らない、誰も気がつかない情報を一般のトレーダーが知ることはありません。例外としてどんな材料も、相場が織り込んで行くには,時間が必用です。欧州財政危機などのように解決の目処がたたずに、何度も取り上げられる問題もあり、事故のように瞬間的に織り込んでしまう場合もあります。当然遅れても間に合うケースもあります。ESが延長されて米国との情報ののギャップは解消されつつあります。夜間から前場の寄りまでのギャップはなくなりつつあります。情報自体に時間的較差が無くなると言うことでリスクも減る代わりにチャンスも減っていきます。ますますトレードのスキルが求められていくでしょう。
最初に資金有りの状態からスタートする方は,どうしても早く口座を開き、トレードのやり方、仕組みだけを知ってしまうと、先に始めてしまう方が多いものです。何も分からない状態で、取引ルールだけを知って始めてしまうと、サイコロ博打のようで勝率は50%に近いものでも、生半可の知識が身につくと、チャートや板の動きを追いかけて、LCが多くなります。買えば下がり、売れば上がる、というやつですが。それでも勝つこともあるので、何とか負けを小さくして、勝ちを伸ばせば、良い方向に行くと思います。負けを最小にしようとすると,金額に負けていくことになり、不用意なLCが多くなります。LCのあとに価格が戻ってしまうと言うことになります。LCは金額の大小ではなく、方向性の確認です。それには、そもそも仕掛ける時に,スキルというものが必用で、値頃感やチャートにつられて仕掛けるものではありません。ここが分からないと、どうしてLCなのかが分かりません。
本人は-20円になってしまったから,もっと下がると怖いからなどと、金額ベースや損益ベースでしかトレードをしていません。-20円になったらLC、+30円になったら利確などと、金額ベースでトレードしている人は多いものです。このレベルから抜け出て、トレンドの方向性に仕掛けていくトレードが出来ないと初心者のレベルから抜け出ることは出来ません。
良く+10円を大切にと繰り返し言ってきましたが、LCが-20円なのに、+10円の利確ではどうにもならない,最低+30円でないと無理なんて考えている人は,まだ先が見えないひとです。
+10円が取れる人が+20円に挑戦できるのです。嘘だと思ったら、前場+10円後場+10円で10日間連続して勝てるでしょうか?これが初心者の卒業レベルと考えて居ます。エントリーの位置がたまたま悪くて-20円になることもあるでしょう。しかし方向性が間違えてなければ、-20円下でも買い直しします。チャンスが増えたと思います?ナンピンではありません・・・・
逆に方向が間違えたと思えば,下りたり-10円でLCします。当然です・・・
ザラバの中で+30円取れるトレンドはありますが、ドローも多く、数時間持ち続けて+30円では意味がありません。数時間先のトレンドが読める方ならば,押し目も戻しも見えるわけで+50円にも70円にもなっているでしょう。
大半は+10円か+20円です。もっともチャンスの多い+10円を確実に勝っていかないと、安定したトレードはできません。どんな相場でも+10円は取れるのですから。
こんな話を書いていたら,どうも気が重くなってしまったようです・・・
まあ、安易に初めて損失を招くならば辞めることも選択肢です。充分勉強して練習してから挑むには、充分見返りのある,すばらしい世界ですが、資金があるから,これくらいまでは負けても構わないなどと,安易に始めて勝てるほど甘い世界ではないと言うことです。
こんなことを書いていると,養成塾に入る人はいなくなってしまいそうですが?
それでも構いません・・・・・
[2011/07/16 14:09] トレードの根っこ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。